×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ハイドロキノン】高濃度で選ぶと危険な成分TOP >

【ハイドロキノン】高濃度で選ぶと危険な成分リンク集◆1

みかん肌 改善

みかん肌はまるで押し固めた土壌のように皮膚が硬くなり化粧品の成分が浸透しにくい状態となっています。通常の製品ではこの硬い肌のおかげで上手くしみこまないのです。この事実を知っているのと知らないのでは3ヵ月後の鏡の中の顔は別人に成っているかもしれません。

ピーリング石鹸 ニキビ跡

美白コスメなどを使っている方は、ピーリング石鹸でしっかりと余計な汚れ、古い角質を落としておくことで、コスメの有効成分が浸透をしやすくなり、くすみも抜けやすくなるので

トラネキサム酸 シミ

トラネキサム酸といえば内服のトランシーノが有名ですが、化粧品でも浸透性さえ良ければシミ、かんぱんを抑えることは可能です。

透明美肌

従来の化粧品では憧れの女優のような透き通った質感とは「なんか違うなぁ?」という仕上がりでした。特に30歳を過ぎた女性にはその傾向が顕著ですが、最新の技術によって透明美肌にならなかった原因とその解決策が分かりました。透明美肌を手に入れて周りに一目置かれたい、そんなあなたに朗報です。

ニキビ跡 黒ずみ

ニキビ痕の黒ずみをクリームや化粧水、美容液といった基礎化粧品で対策するのは可能でしょうか。


Copyright © 【ハイドロキノン】高濃度で選ぶと危険な成分リンク集1 All rights reserved