×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハイドロキノンの濃度

ハイドロキノンは濃度が高ければ良いというわけではない

ハイドロキノンの副作用画像

日本ではハイドロキノン3%や5%、すごいものになると10%という高濃度のハイドロキノン配合製品がすぐに手に入る形で販売されています。お肌の漂白剤とよばれて、人気が高いハイドロキノンですが、濃度に対して関心のある方も多いと思います。しかし肌の漂白剤と呼ばれるくらいですから高濃度のものは劇薬といっても過言ではありません。

 

一般の化粧水などにも入っていないわけではありませんが、濃度が薄い為に、大きな効果が期待できないという話もあります。こういったことから、「ハイドロキノンは濃度が高ければ高いほうが良い」と思う方が少なからず居られます。しかしそれは大きな間違い。ハイドロキノンは濃度が高ければ、高いほどよいというわけではないのです。

 

濃度で選ぶのやめた方が良いです。最悪何ヶ月間も肌ががさがさに。

ハイドロキノンの重篤な副作用
  • 褐色変性 (高濃度の成分を長期間使用することで塗った部分が茶褐色に変色する)
  • 白抜き(高濃度の成分を長期間使用することで周囲だけが白く色が抜ける)
  • かぶれ・炎症・肌荒れ(使用後すぐ)

高濃度のハイドロキノンは長期間において使いすぎると、副作用として色が抜けすぎて白斑になってしまうという副作用が報告されています。また高濃度ハイドロキノンを使用した後、紫外線をそのままあびたりしてしまうと色素沈着をするということもあるので、高濃度を長期間使い続けるというのはリスクを伴うのです。濃度が高まれば肌がかぶれる可能性も高まります。

低濃度ハイドロキノンでも効果を引き出せた事例




なかなか効果が感じられないからといってハイドロキノン濃度がどんどん高いものにステップアップさせていくのは危険です。
ではどうすればよいか?ここで少し副作用の心配が無い低濃度ハイドロキノンを使用しながらも効果を引き出せた事例を紹介する事にします。

 

低濃度でも浸透性を高めると美白効果が得られた事例

 

ビフォーアフター画像

ここ数年で「化粧品成分のナノ化」という言葉を目にした方も多いと思います。
ナノ化とは成分の分子量をとても小さくして肌バリアをすり抜けさせる最新技術のことで、有名な例だとアスタリフトでおなじみのフジフィルムのピココラーゲンなどがあります。

 

アスタリフトの例ではコラーゲンを小さくしたものですが、別の化粧品メーカーでもハイドロキノンをナノ化させて副作用リスクを下げつつも、美白効果を高める事例があり、業界の注目を集めています。

 

肌バリアを通り抜けられない 成分のナノ化テクノロジー

 

ハイドロキノンのナノ化で知名度を上げている化粧品例

 

ビーグレン

b.glenは海外の元大学教授が開発したドクターズコスメ。
成分をナノ化させる技術で国際特許を取得しているため、他社では真似をしたくても出来ないという代物です。

 

数年前に始めて日本でも発売されるようになり、美白に悩む女性を中心に知名度が急上昇しています。
これまで他社のハイドロキノン製品で効果を感じられなかったと言う方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

ハイドロキノン濃度

B.glenが他社のハイドロキノン化粧品よりも優れているポイント

29日間でシミが約3割減る

低濃度・安全なのにきちんと効果がある
国際特許を取得した成分ナノ化の技術

*特許のため他社の化粧品には出来ない効果があります。

効果が無ければ全額返金されます

*お試しセットを使ってみて気に入らなければ返金保証のキャンペーン実施中です。

 

わかりやすい解説はこちらです
こちら[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

<ご注意>
昨今ヤフーオークションでハイドロキノンの粉末を購入し化粧水を自作する方が急増していますが、かぶれ・肌荒れ・極度の乾燥で肌がボロボロになってしまう被害例が多数報告されています。
自作は100%自己責任です。なにかあってからクレームを言う事もできません。
化学成分の取り扱いは難しい上に、防腐処理が上手くいっているかどうかは見た目で判断がつきにくいため自作される場合は高度な知識を学んだ上で細心の注意を払って行いましょう。