×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ハイドロキノン】高濃度で選ぶと危険な成分TOP >

【ハイドロキノン】高濃度で選ぶと危険な成分リンク集◆3

ニキビ跡 ターンオーバー

ニキビ跡の解消は時間が掛かるものですので、最初のケア用品の選び方が肝心。ターンオーバーが改善されて肌の調子がなんとなく良くなったと思っても、肝心のニキビ跡のシミや色素沈着、凸凹が綺麗にならなければモチベーションを保つのが難しくなってしまいます。

透明感スキンケア

誰もが目を奪われるあの映画の中の女優たち。共通するのは透き通るような綺麗なお肌。しかし、どんなにメラニンケアの美白コスメにお金を使っても、「なんか違う・・・」という声は多く耳にします。それもそのはずで、実は今までの美白コスメではカバーできていなかった肌のにごりの問題があったからなんです。

ニキビ跡 凹み

ニキビ跡の凹みは気長なケアが必要ですが直ります。自分で治すならまずは保湿、それから肌のターンオーバーを整える、夜早く寝るということが大切な要素になります。

ハイドロキノンシミ

ハイドロキノンとは、お肌を白くする効果があり「お肌の美白剤」と呼ばれるほどシミに対して効果があるものです。 なぜこのように呼ばれているかというと、シミの原因であるメラニンを抑制し、メラニンをつくるメラノサイトを減少させる効果があります。

トラネキサム酸配合の化粧品

トラネキサム酸の美白効果はメラニン色素の生成を抑制し「白肌」へと導きます。しかし、それだけではなぜか透明感がでないというお悩みを持つ方も多くいらっしゃいます。化粧品業界の新たなトレンドとして注目されているのが「肌のにごり」。お悩み解決の糸口はここにありました。


Copyright © 【ハイドロキノン】高濃度で選ぶと危険な成分リンク集3 All rights reserved