×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ハイドロキノン】高濃度で選ぶと危険な成分TOP >

【ハイドロキノン】高濃度で選ぶと危険な成分リンク集◆2

肌の透明感

肌の透明感を出すにはアルブチンやハイドロキノンなどでメラニン色素をケアすることが常識だとされていました。しかしここ数年の化粧品会社の発表では肌の色素を薄くしても肌の透明感が出ないという研究成果が注目されています。年齢を重ねるほどに肌の透明感が低下する傾向にありますl。

ハイドロキノン 副作用

高濃度のハイドロキノンの副作用には、肌のかぶれやまだらに肌が白くなる白抜き、褐色変性(肌が茶褐色に変色する)など美容上重大なものがあり取り扱いには十分注意が必要です。

ニキビ跡 赤み

ニキビ跡を治すのに効果が早い治療方法は皮膚科や美容整形外科・クリニックでのレーザー治療でメラミン色素を飛ばしり、エステサロンでのピーリングで肌再生を正常にしたいものです。しかし、値段が高額になりなかなか手を出せません。そこでコスメを活用してニキビの赤い色素沈着を治したいというオプションがでてきますが「だめだったなぁ。」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ニキビ跡の色素沈着

ニキビ跡の茶色っぽいシミはお試し化粧品を使ってみるのも悪くないものです。

赤いニキビ跡

赤い痕になったアクネスカーをどうにか改善させたい


Copyright © 【ハイドロキノン】高濃度で選ぶと危険な成分リンク集2 All rights reserved